マルカングループ

≡MENU

書籍/文庫ランキング

1位
文庫本ランキング1位

そして、バトンは渡された

瀬尾まいこ  出版社/文藝春秋  価格/¥740

幼い頃に母親を亡くし、父とも海外赴任を機に別れ、継母を選んだ優子。 その後も大人の都合に振り回され、高校生の今は二十歳しか離れていない〝父〟と暮らす。 血の繋がらない親の間をリレーされながらも、出逢う家族皆に愛情をいっぱい注がれてきた彼女自身が伴侶を持つとき――。 大絶賛の2019年本屋大賞受賞作。

2位
文庫本ランキング2位

神話の密室―天久鷹央の事件カルテ―

知念実希人  出版社/新潮社  価格/¥590

アルコールが一滴もないはずの閉鎖病棟で泥酔を繰り返す人気小説家。キックボクシングのタイトルマッチ、勝利の瞬間にリングで死亡した王者。かたや厳重な警備の病院で、こなた千人以上の観客が見守る中で。まるで神様が魔法を使ったかのような奇妙な「密室」事件、その陰に隠れた思いもよらぬ「病」とは? 天才女医・天久鷹央が不可能犯罪に挑む。現役医師による本格医療ミステリ!

3位
文庫本ランキング3位

青くて痛くて脆い

住野よる  出版社/KADOKAWA  価格/¥680

人に不用意に近づきすぎないことを信条にしていた大学一年の春、僕は秋好寿乃に出会った。周囲から浮いていて、けれど誰よりもまっすぐだった彼女。その理想と情熱にふれて、僕たちは二人で秘密結社「モアイ」をつくった。――それから三年、あのとき将来の夢を語り合った秋好はもういない。そして、僕の心には彼女がついた嘘がトゲのように刺さっていた。傷つくことの痛みと青春の残酷さを描ききった住野よるの代表作。

4位 焦茶色のナイトガウン 杉原爽香<47歳の冬> 赤川次郎 光文社 ¥640
5位 あの日、君は何をした まさきとしか 小学館 ¥720
6位 林民夫 幻冬舎 ¥580
7位 烏百花 蛍の章 阿部智里 文藝春秋 ¥660
8位 大河の一滴 五木寛之 幻冬舎 ¥476
9位 わたしの幸せな結婚 一~四 顎木あくみ 月岡月穂 KADOKAWA ¥620
10位 メガバンク宣戦布告 総務部・二瓶正平 波多野聖 幻冬舎 ¥790