マルカングループ

≡MENU

書籍/文庫ランキング

1位
文庫本ランキング1位

流浪の月

凪良ゆう  出版社/東京創元社  価格/¥814

最初にお父さんがいなくなって、次にお母さんもいなくなって、わたしの幸福な日々は終わりを告げた。すこしずつ心が死んでいくわたしに居場所をくれたのが文だった。それがどのような結末を迎えるかも知らないままに――。だから十五年の時を経て彼と再会を果たし、わたしは再び願った。この願いを、きっと誰もが認めないだろう。周囲のひとびとの善意を打ち捨て、あるいは大切なひとさえも傷付けることになるかもしれない。それでも文、わたしはあなたのそばにいたい――。新しい人間関係への旅立ちを描き、実力派作家が遺憾なく本領を発揮した、息をのむ傑作小説。本屋大賞受賞作。

2位
文庫本ランキング2位

小隊

砂川文次  出版社/文藝春秋  価格/¥836

ロシア軍が北海道に上陸。自衛隊の3尉・安達は敵を迎え撃つべく小隊を率いて任務につく。避難を拒む住民、届かない敵の情報、淡々と命令をこなす日々――。そんな安達の〝戦場〟は姿を現したロシア軍によって地獄と化す。軍事描写のあまりのリアルさに話題となり、専門家をも唸らせた『小隊』にデビュー作『戦場のレビヤタン』を合本して文庫化。「ブラックボックス」で第166回芥川賞を受賞、元自衛官という異色の経歴をもつ作家が放つ、 衝撃の戦争小説3篇。

3位
文庫本ランキング3位

死刑にいたる病

櫛木理宇  出版社/早川書房  価格/¥814

鬱屈した日々を送る大学生、筧井雅也(かけいまさや)に届いた一通の手紙。それは稀代の連続殺人鬼・榛村大和(はいむらやまと)からのものだった。「罪は認めるが、最後の一件だけは冤罪だ。それを証明してくれないか?」地域で人気のあるパン屋の元店主にして、自分のよき理解者であった大和に頼まれ、事件の再調査を始めた雅也。その人生に潜む負の連鎖を知るうち、雅也はなぜか大和に魅せられていき……一つ一つの選択が明らかにしていく残酷な真実とは。『チェインドッグ』を改題・文庫化。

4位 風に訊け 空也十番勝負 (七) 佐伯泰英 文藝春秋 ¥814
5位 雪に撃つ 佐々木譲 角川春樹事務所 ¥770
6位 決断の刻 堂場瞬一 東京創元社 ¥858
7位 野良犬の値段 上下 百田尚樹 幻冬舎 ¥715
8位 動乱の刑事 堂場瞬一 講談社 ¥924
9位 ただいま神様当番 青山美智子 宝島社 ¥780
10位 日雇い浪人生活録 金の妬心 (十三) 上田秀人 角川春樹事務所 ¥748