マルカングループ

≡MENU

書籍/一般書ランキング

1位
一般書ランキング1位

成瀬は天下を取りにいく

宮島未奈  出版社/新潮社  価格/¥1,705

「島崎、わたしはこの夏を西武に捧げようと思う」。各界から絶賛の声続々、いまだかつてない青春小説! 中2の夏休みの始まりに、幼馴染の成瀬がまた変なことを言い出した。コロナ禍、閉店を控える西武大津店に毎日通い、中継に映るというのだが……。さらにはM-1に挑み、実験のため坊主頭にし、二百歳まで生きると堂々宣言。今日も全力で我が道を突き進む成瀬から、誰もが目を離せない! 話題沸騰、圧巻のデビュー作。

2位
一般書ランキング2位

変な家2 11の間取り図

雨穴  出版社/飛鳥新社  価格/¥1,650

フリーライターの「筆者」と設計士・栗原のコンビが、新たな謎に挑む間取りミステリー第2弾。

3位
一般書ランキング3位

変な絵

雨穴  出版社/双葉社  価格/¥1,540

ホラー作家兼YouTuberである雨穴氏による、自身初となる11万字書き下ろし「長編小説」! タイトルは『変な絵』。あなたも、何かがおかしい9枚の絵の「謎」が解けますか? とあるブログに投稿された『風に立つ女の絵』、消えた男児が描いた『灰色に塗りつぶされたマンションの絵』、山奥で見つかった遺体が残した『震えた線で描かれた山並みの絵』……。いったい、彼らは何を伝えたかったのか――。9枚の奇妙な絵に秘められた衝撃の真実とは!? その謎が解けたとき、すべての事件が一つに繋がる! 今、最も注目を集めるホラー作家が描く、戦慄の国民的スケッチ・ミステリー!

4位 成瀬は信じた道をいく 宮島未奈 新潮社 ¥1,760
5位 俺たちの箱根駅伝上下 池井戸潤 文藝春秋 ¥1,980
6位 変な家 雨穴 飛鳥新社 ¥1,400
7位 なぜか集まりたくなる飲食店のつながる空間デザイン 久保徹宜 ジー.ビー. ¥1,848
8位 書いてはいけない 森永卓郎 フォレスト出版 ¥1,650
9位 BEATS of KOREA いま伝えたいヒットメイカーの言葉たち 古家正亨 KADOKAWA ¥1,760
10位 なぜ働いていると本が読めなくなるのか 三宅香帆 集英社 ¥1,100